純烈、松田聖子、福山雅治も!脅迫に汚物送付、怖すぎるファンの「暴走事件簿」
拡大する(全1枚)
(上段、左から)福山雅治滝沢秀明松田聖子川栄李奈(下段、左から)純烈の酒井一圭、白川裕二郎、後上翔太小田井涼平

 男性4人組ムード歌謡グループ『純烈』のリーダー、酒井一圭(46)を脅迫した疑いでファンの女性(65)が9月16日までに逮捕された。



■暴走する過激なファン

「女性は6月ごろ酒井あてに、切り刻んだ男性用パンツや包丁を郵送したんです。女性は同グループの後上翔太(34)のファンで、リーダー・酒井の後上に対する“いじり”が許せなかったと供述。約2年半前からファンクラブの会員で後上さんへの応援は熱心だったそう」(スポーツ紙記者)



 その熱心さが犯行へと突き動かしたのだろうか。推しメンバーへの態度が気に入らないとしてファンが行動を起こした事例は今回だけではない。今はジャニーズグループを統率する立場であるタッキーこと滝沢秀明もかつてはその被害に。



「'07年、タッキー&翼のコンサートで包丁を持ってステージに近づいた女性がいました。“りんごの皮をむいてほしかった”と話したそうですが、その後自らネット媒体のインタビューに登場した女性は今井翼さんのファンであることを公言。同時に“タッキーは悪魔”などの発言を繰り返していたので翼愛をこじらせた“りんご女”として有名になりました」(スポーツ紙記者)



 ジャニーズはファンの分母が大きいだけに、こんな“ヤラカシ”事件が後を絶たない。



「ヤラカシと呼ばれるのは行きすぎたファンのことです。メンバーが嫌がるそぶりを見せているのにほぼ毎日真横にぴったりとくっついて離れないなど、恐ろしい存在です。