執念の救出!ニシキヘビ捕獲園長「4度目の挑戦」で池底の巨大ワニガメ捕まえる

執念の救出!ニシキヘビ捕獲園長「4度目の挑戦」で池底の巨大ワニガメ捕まえる
拡大する(全1枚)

 あのスペシャリストがやってのけた。



 茨城県つくば市にある洞峰公園内の池で目撃情報が相次いでいた外来種の巨大ワニガメは10月18日午前10時07分ごろ、爬虫(はちゅう)類の専門家によって無事に捕獲された。



 捕獲作戦を成功させたのは、今年5月に横浜市戸塚区で行方のわからなかった巨大アミメニシキヘビを捕まえたあの人、静岡県河津町にある国内最大の爬虫類・両生類の体感型動物園「iZoo(イズー)」の白輪剛史園長(52)。今月6、8、14日の捕獲作戦に続く4度目の挑戦で、池に潜んでいたワニガメを生け捕りにした。



執念の救出!ニシキヘビ捕獲園長「4度目の挑戦」で池底の巨大ワ...の画像はこちら >>
ワニガメを捕獲した白輪園長

 ワニガメが水面に顔を出すと、池に入ってスタッフで取り囲んだ。白輪園長は「ワニガメが足に当たった」などと叫び、確保の瞬間、



「いた! 網に入った。押さえた」



 と興奮を抑えきれない様子で叫び、そばで見守っていた公園関係者や来園客から「おーっ」などと歓声がわき起こった。



「水中で足にワニガメが触れても一瞬で消えてしまった。われわれが想像する以上に警戒心が強く、泳ぐのも速かった」



 と白輪園長。



 着手から捕獲まで約3時間40分かける丁寧な作戦だった。



 真夜中に現地入りし、早朝6時からスタッフ8人態勢で捕獲準備に着手。白輪園長は事前に潜水用のドライスーツを着込み、双眼鏡などで池(正式名称=洞峰沼)にじっと目を凝らした。



 午前7時37分ごろ、目撃多発ポイントであるブイ(浮き)につかまって顔を出したワニガメを確認すると、「あがった、あがった! いたね~」と興奮ぎみに話し、水深約80センチの池にズブズブ入っていった。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク