橋幸夫「80歳で歌手活動の引退」を発表するも、まだまだ感じる“生涯現役感”

橋幸夫「80歳で歌手活動の引退」を発表するも、まだまだ感じる“生涯現役感”
拡大する(全1枚)
橋幸夫

 橋幸夫(78)は「20世紀の氷川きよし」である。若い人はぴんとこないかもしれないが『潮来笠』でデビューしたときは、ロカビリーヘアと股旅演歌の意外性が話題になった。その40年後、氷川が茶髪と股旅演歌のギャップで成功するわけだ。



 また、氷川が近年、ビジュアル系のサウンドで人気を得ているように、橋も『恋のメキシカン・ロック』などのリズム歌謡でブームをつくった。歌の多様性においても、両者は似ているのである。



■橋幸夫の引退発表で感じた「生涯現役感」

 そんな橋が引退を発表した。ただし、その時期は再来年の5月。80歳の誕生日で区切りをつけるという。会見では、



「もう筋力としてかなり衰えが来てました、来ております」



 として「40代50代までの歌の馬力とそれから声帯の艶と、そういうものがこのまま維持できにくくなる、っていうことを実感した」と理由を説明。そう聞くと弱気だが、これから全国160か所をめぐるラストツアーを行い、歌手引退後は「時代劇をやりたい」と意欲も見せた。



 それゆえ、これは“閉店セール”で盛り上げつつ、芸能人としての「生涯現役」を貫くための戦略なのではという見方が。たしかに、この人は一筋縄ではいかない。よい意味での商魂もたくましいのだ。



 ザ・ぼんちにものまねをされたときには、それを自らパロディーにしたCMで話題に。ディスコブームが起きれば『股旅'78』で『マツケンサンバII』がヒットしたら『盆ダンス』でと、便乗にも前向きだ。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

橋幸夫のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「橋幸夫」に関する記事

「橋幸夫」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「橋幸夫」の記事

次に読みたい「橋幸夫」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク