羽生結弦に4回転半と金メダルの期待、活力は「深夜の練習」と「マスコミの注目」

羽生結弦に4回転半と金メダルの期待、活力は「深夜の練習」と「マスコミの注目」
拡大する(全1枚)
羽生

「いよいよ今週末から、フィギュアスケートのグランプリシリーズが始まります。6つの都市で開催される大会の順位をもとにポイントが付与され、上位6名がグランプリファイナルに出場することができる大会で、10月から12月にかけて行われます。羽生結弦(26)選手は、11月12日から始まる『NHK杯』と、11月26日から始まる『ロシア杯』に出場します」(スポーツ紙記者、以下同)



 '22年に冬季オリンピックが開催されるシーズンの本格的な幕開けに、注目が集まっている。



■羽生結弦、“最後の夢”のため

「10月22日から始まる第1戦の『スケートアメリカ』は、宇野昌磨選手や坂本花織選手らが出場し、羽生選手は出場しませんが、ライバルであるネイサン・チェン選手は出場します。ネイサン選手は、これが今シーズン初戦です」



 羽生にとって、グランプリシリーズは2年ぶりとなる。



「昨年は、新型コロナウイルスの影響を鑑みて欠場しました。気管支ぜんそくの持病があることと、羽生選手が出場すると多くのファンやマスコミが集まって、感染拡大の要因となってしまう可能性があったことが理由です」



 昨年に比べれば、感染状況は改善しつつあるとはいえ、世界的な規模で収束したとは言い難い。それでも羽生が今年は出場を決めたのは、事あるごとに口にしてきた“最後の夢”のためだ。



「今の羽生選手には、大会で勝つことよりも“4回転半を試合で決めたい”という強い思いがあるようです。そのチャンスを少しでも増やすために、昨年は欠場したグランプリシリーズに出場することを選んだのです」(フィギュア関係者)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク