「落選してほしい失言議員」3000人が回答、1位は不妊に悩む女性を傷つけた“無神経人間”

「落選してほしい失言議員」3000人が回答、1位は不妊に悩む女性を傷つけた“無神経人間”
拡大する(全1枚)
(写真左から)小泉進次郎前環境相、杉田水脈、桜田義孝元五輪相、安倍晋三元首相 ※杉田の写真のみ共同通信イメージズ

 10月14日、誕生したばかりの岸田文雄首相が衆議院を解散。19日の公示から31日の投開票を目指し、衆議院総選挙がスタートした。



 政治家は選挙に落ちれば“ただの人”。先生であり続けるため、465の議席をかけて熾烈な争いが繰り広げられる。だが、この中には信じられない失言をした政治家たちがおり、今も平然と活動している。彼らをのさばらせておいて、いいのだろうか。



 そこで週刊女性は18歳から70歳の全国の女性3000人にネットアンケートを実施した。



 まず、アンケートに失言を報じられたことがある現職の衆議院議員20人をリストアップ。その中から、もっとも国民軽視だと思う失言と議員名を選んでもらい、その理由を自由記述で回答してもらった。



「セクハラ罪という罪はない」「アルツハイマーの人でも、これぐらいはわかる」など、失言連発の“放言王”麻生太郎は“殿堂入り”として選択肢からはずした。さあ、ポスト麻生は誰の手に!?



■女性や被災地への無神経な失言の数々

 1位は桜田義孝元五輪相で680票を獲得した。



 '19年5月、千葉市内で行われたパーティーのあいさつで、少子化問題に言及し、



「お子さんやお孫さんにぜひ、子どもを最低3人くらい産むようにお願いしてもらいたい」



 と呼びかけた。この発言に女性たちから怒りの声が。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

信のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「信」に関する記事

「信」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「信」の記事

次に読みたい「信」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク