芸能人の「いい夫婦」、新カップル選出の裏でひっそりと“削除”されたお騒がせカップル
拡大する(全1枚)
(左上から)渡辺徹榊原郁恵夫妻、ヒロミ松本伊代夫妻、高橋ジョージ三船美佳船越英一郎松居一代

「11月22日」は「いい夫婦の日」。



 この時期、恒例なのが有名人カップルを選ぶ『いい夫婦 パートナー・オブ・ザ・イヤー』発表と、明治安田生命『理想の有名人夫婦』アンケートだ。



■当時は“いい夫婦”でも……

 記念日を普及推進する一環で設立された『パートナー・オブ・ザ・イヤー』は2000年の中村橋之助(56)・三田寛子(55)夫妻以降、毎年発表。23回目を迎えた今年は結婚35年目の渡辺徹(60)・榊原郁恵(62)夫妻が選ばれた。



 “その年を代表する理想の夫婦”としても選出される『パートナー・オブ・ザ・イヤー』だが、実は歴代のなかにはホームページから削除されているカップルもいる。



 '06年選出の船越英一郎(61)・松居一代(64)、'11年選出の高橋ジョージ(63)・三船美佳(39)がその2組。船越・松居は'17年に、高橋・三船は'16年にそれぞれ離婚している。



「船越はシングルマザーの松居と、父親で俳優の故・船越英二さんの反対を押し切って'01年に結婚しました。松居の息子をかわいがり受験勉強や就職の面倒をみてあげ、息子も慕っていました。息子とは良好でしたが夫婦関係には溝が生まれていきました。



 女性関係を疑い、自殺未遂騒動を起こすなどエキセントリックな松居との生活に疲れた船越が家を出て別居。家裁での調停の末にようやく離婚が成立しました」(スポーツ紙記者)