田中みな実は“同性を味方”に爆上げ、福原愛は乱高下、芸能界『上がった人/下がった人2021』
拡大する(全1枚)
(左上から)田中みな実華原朋美、加藤綾菜、有村昆、福原愛、徳光和夫

 コロナ禍の東京五輪開催や、選挙率の低い総選挙など慌ただしく過ぎた2021年ももう終盤。華やかな芸能界でも、人気を獲得して“上がった人”もいれば、失言やスキャンダルで“下がった人”もいる、浮き沈みが激しい1年だった。

 そこで今回は、作家としては日本屈指の芸能界ウォッチャーの岩井志麻子先生と、タレントの徳光正行さんのおふたりが週刊女性に集結。今年の芸能界を総括してもらいました!



■評価が爆上がりな人たち

 まずは“2021年上がった人”。生き馬の目を抜く芸能界で、高評価を得たのは?



●加藤綾菜



 今年6月に結婚10周年を迎えた加藤茶・綾菜夫妻。結婚当初は驚異の“45歳の年の差婚”に対し、“財産目当て”“保険金目当て”などと激しいバッシングを受けていた。しかし彼女が「介護福祉士実務者」の資格を取得すると、評価が一転。高齢な夫の健康を支える妻として注目を集めている。



徳光 加藤夫妻は、本物の純愛ですよね。綾菜さんは加トちゃんのことが大好きなんだろうな。



岩井 もしかしたら彼女の好みなのかもしれないね。「とにかく巨乳の女性が好き!」という男性がいるのと同じで「とにかく枯れきった加トちゃんが好き!」なんでしょうね。



徳光 たしかに、加トちゃんが可愛くてしょうがないという気持ちが伝わってきます。



岩井 紀州のドンファンも、綾菜さんみたいな女の子と巡り合えてたら、結末は違っただろうね……。