忘年会のカラオケで盛り上がる『ジャニーズソングTOP10』SMAPや嵐、キンプリもランクイン!
拡大する(全1枚)
1995年10月、「SMAP TOKIO KinKi最初で最後の勢揃いSP」にて

 今年も忘年会シーズンがやって来た。コロナ過に入り二度目の年末となるが、昨年と違う点は、会食制限が明けたこと。「忘年会の予約承ります」といった貼り紙が目立つ店も増えてきた。



 そこで今回、「忘年会で盛り上がるジャニーズソング」と題したアンケートを実施。男性273人、女性311人、計584人に回答いただいた。年代はやや20代が多いものの、10代~70代にかけてほぼ15%前後の割合となっており、往年の名曲から近年のヒットチャートを賑わせたものまで、さまざまなナンバーが並んだ。



■■10位(11票/同率):『シンデレラガール』King & Prince

 2018年に発売されたKing & Princeのデビューシングル『シンデレラガール』が10位にランクイン。リリース当時は平野紫耀永瀬廉高橋海人岸優太神宮寺勇太岩橋玄樹の6人グループだったが、2021年3月末に岩橋が脱退している。平野紫耀が神楽木晴役で出演したドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)の主題歌になったことも人気の理由のひとつ。結成して若いグループということで、10代~30代からの支持を集めた。



「キラキラした王子様ソングで盛り上がると思う」(20代・女性)



「『シンデレラガール』がきっかけでキンプリを好きになったから」(20代・女性)