大学受験に英検・TOEICなど「英語民間試験」の活用拡大で広がる“教育格差”

大学受験に英検・TOEICなど「英語民間試験」の活用拡大で広がる“教育格差”
拡大する(全1枚)
英語民間試験のスコアを入試の成績として採用する大学が増えている(写真はイメージです)

 1月15日、16日の大学入学共通テスト(以下、共通テスト)まで、あとわずか。コロナ禍で3度目の本格的な受験シーズンに突入した。そんな中、受験生を取り巻く環境に変化が生じている。入試にあたり「実用英語技能検定(英検)」「TOEIC(トーイック)」などの英語民間試験を活用する大学が増えつつあるのだ。



 大学受験や就職活動の動向に詳しい、大学ジャーナリストの石渡嶺司さんが指摘する。



■活用した大学には国から補助金も

「独自に行う英語試験を廃止し、英語民間試験のスコアを入試の成績として採用したり、合否判定の際に優遇措置がとられたりするケースが私大を中心に拡大傾向にあります。なかには出願にあたり、英語民間試験で一定以上の成績を修めるよう条件を科している大学も。文部科学省の最新調査(2020年)では一般試験の場合、国公立で約9%、私立で約16%が英語民間試験を活用しています」



 実は共通テストの場でも、英語民間試験を導入しようとする動きがあった。



「大学入試改革の目玉として、2021年から始まった共通テストに盛り込まれる予定でしたが、導入をめぐり議論が行われるなかで批判が噴出したのです。英語民間試験の受験費用は自己負担となるほか、僻地や離島での試験会場は少ないため、家計状況や地域によって格差が生じる恐れが懸念されていました。


編集部おすすめ

あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク