オミクロン株ばかりでウンザリ!? 朝番組で低視聴率の『ラヴィット』がSNSで“バズる”ワケ
拡大する(全1枚)
TBS系『ラヴィット!』(公式HPより)

《東京大阪感染者倍増》《感染猛スピード拡大》《東京641人感染急拡大》《感染親子が症状語る》《感染拡大出勤停止で人手不足…生活直撃》《沖縄最多1700人超感染》《新学期スタート 検査・小児科に大行列》《東京飲食制限スタート 初日の夜…繁華街は?》《ワクチン3回目摂取を前倒しへ》



 全国各地で新型コロナウイルス「オミクロン株」の感染拡大が報告されている1月、それに伴い『スッキリ』(日本テレビ系)、『モーニングショー』(テレビ朝日系)、『めざまし8』(フジテレビ系)の放送は過熱。新聞のテレビ欄には、連日にわたって上記のようなおどろおどろしい放送内容が表記された。



「不謹慎な言い方ですが、まるで水を得た魚のよう」とはスポーツ紙芸能デスク。2020年4月の“第1波”襲来以後、コロナ関連ニュースを逐一報じてきた各局のワイドショーや情報番組。度重なる緊急事態宣言によってリモート・テレワーク化も進んだことによって“おうち時間”が増加し、各々がテレビを見る時間も多くなったことだろう。



 そして第5波の“デルタ株”感染者が急激に減少し始めた2021年10月、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が解除されたことで、東京では11か月ぶりに時間制限なく酒類の提供ができるように。コロナ以前とまでは行かずとも街に活気が戻り、また出勤者も含めて多くの人が外出を再開。



「すると10月に衆議院議員選挙などもあって、一旦はコロナ関連のニュースはトーンダウン。ところが、11月に世界で“オミクロン株”が確認され、同月末に国内でも初めて確認されると合わせるようにニュースも“復活”。感染が拡大するたびにテレビ局も時間を割くようになっていきました」(前出・スポーツ紙芸能デスク)