『ロンハー』『激レアさん』今春から30分に短縮へ!狙いは「未来のお客さま」Z世代からの支持

『ロンハー』『激レアさん』今春から30分に短縮へ!狙いは「未来のお客さま」Z世代からの支持
拡大する(全1枚)
ロンドンブーツ1号2号』の田村淳田村亮

今春の番組改編の大きな特徴として、放送時間が変更になるバラエティー番組の増加が挙げられる。



「コロナ禍で海外や地方ロケがやりづらくなるなど、撮影に制限が出た影響もあると思いますが、昨年始まった新番組は日テレ系の『オモウマい店』以外、視聴率が伸びずに苦戦しています。そこで、既存の番組の放送時間を調整することでテコ入れしたいのでしょう」(制作会社関係者)



■時間短縮しやすい番組

テレビ朝日はオードリー若林正恭弘中綾香アナが司会を務める『激レアさんを連れてきた。』とロンドンブーツ1号2号の

冠番組ロンドンハーツ』をこれまでの1時間から30分に短縮する。



「若い世代はYouTubeやショート動画アプリのTikTokに慣れ親しんでいるため、短い動画が視聴されやすい傾向があります。配信での再生回数を意識しての時間短縮ではないでしょうか」(放送作家)



エンタメ事情に詳しいフリーライターの大塚ナギサさんは、番組構成も関係していると指摘する。



「『激レアさん』は毎週2~3組が登場。『ロンハー』も企画が2本立てだったり、30分に短縮しやすい構成というのも大きいと思います。また両番組はスタジオ収録がメインのため、ロケ番組よりも時間短縮の融通が利きやすい」



テレビ朝日は、20分番組を3本放送する深夜のバラエティーゾーン『バラバラ大作戦』を'20年秋から開始。



「ネットテレビ局ABEMAや、見逃し配信サービスTVerでの視聴を意識してスタート。スマホでの視聴が当たり前の'90年代後半から'00年代生まれの“Z世代”から支持を受けています。『激レアさん』と『ロンハー』の時間短縮から、“未来のお客さま”ともいえるZ世代を取り込みたい思いが伝わってきますね」(テレビ誌編集者)


編集部おすすめ

当時の記事を読む

田村淳のプロフィールを見る
週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「田村淳」に関する記事

「田村淳」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「田村淳」の記事

次に読みたい「田村淳」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク