「夜間保育所」の年末年始、“第2のわが家”として寄り添う保育士と子どもたちのリアル

「夜間保育所」の年末年始、“第2のわが家”として寄り添う保育士と子どもたちのリアル
拡大する(全1枚)
正月でも仕事の親を保育所で待つ子供たちがいる(画像はイメージです)

 小さい子どもを抱えて深夜まで働いている家庭は少なくない。



 だが、さまざまな事情から子どもを見てくれる身内や友人がいない場合、親たちは夜間保育所を利用するしかない。年末年始であってもだ。



■働き方の多様化で需要増

 夜間保育所とは保護者が夜間に働く必要がある場合や、なんらかの事情で家庭での保育ができない場合に、夕方から夜間にかけて子どもを預かる役割を担う保育施設のこと。



 国の認可を受けた夜間保育所と認可外の夜間保育施設があり、中には深夜まで、また24時間の運営をしている保育施設もある。



 厚生労働省によると認可夜間保育所は全国で79施設(2019年4月1日現在)。働き方の多様化でニーズはあるものの認可夜間保育所の数は圧倒的に少ない。



 百貨店で働く佐藤幸恵さん(30代・仮名)は舞台関係の会社に勤務する30代の夫と4歳と2歳の子どもの4人暮らし。



 2人ともこの大みそか、元日は仕事だった。普段利用している夜間保育所が冬休みになったため、この年末年始は認可外の夜間保育所を一時利用した。



「夫も私も1年でいちばん忙しい時期。最近は休みの申請もしやすくなってきましたが年末年始はなんだかんだ働かざるをえなくて……。



 実家は遠方にあり、新年は親戚付き合いもあるので応援に来てもらうこともできない」



 2021年12月31日と2022年1月1日の午前10時~午後10時まで利用。子どもたちは園で昼食と夕食を食べ、夜に佐藤さんが迎えに来るまでの時間を過ごした。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク