板垣李光人に清水尋也、個性派二世俳優も!今年売れる若手俳優「本当の実力」と「ブレイクの法則」
拡大する(全1枚)
2022年、大注目の若手は……? 写真左から清水尋也、高橋文哉、板垣李光人

 1月クールの連続ドラマが次々とスタートし、いよいよ2022年のドラマ界が幕を開けた。今年も百花繚乱、見た目麗しく個性豊かな若手俳優陣が私たちの目を楽しませてくれそうだ。



 昨年は山田裕貴、松下洸平、赤楚衛二眞栄田郷敦、仲野太賀と実力派から、永瀬廉松村北斗といったジャニーズのほか、イケメン、二世と幅広いカテゴリーの俳優たちがブレイクしたが、今年はどんな若手俳優が頭角を現すのだろう。長年ドラマウォッチャーとして活躍するカトリーヌあやこさんに予想してもらった。



「本命は高橋文哉さん。ブレイクってインパクトから始まると思うんですね。視聴者の心にどれだけの爪痕を残せたかということですけど、そういう意味では昨年秋クール放送の『最愛』での高橋さんは素晴らしかった。ヒロイン・吉高由里子さんの謎めいた弟役でしたが、ちょっと頼りなさげで儚げな感じが母性本能をくすぐる。そりゃあ彼のためならお姉さんも人生すべて投げうっちゃうだろうなっていう強烈な吸引力がありました。



 1月クールは医療モノの『ドクターホワイト』で研修医を演じます。お調子者の愛されキャラらしいので、『最愛』とはまた違う弟属性を発揮してくれるのでは。本人のキャラもなかなか立っていて、調理師免許も持っているので、バラエティーや情報番組でも重宝されそう。ドラマや映画はもちろん、今年はいろんな分野で活躍が期待できるんじゃないでしょうか」(カトリーヌさん以下同)