喫煙注意され高校生に暴行したホストの素顔を知人が激白!「弱いくせにシャドーボクシング好き」
拡大する(全1枚)
宮本一馬容疑者(本人のSNSより)

「ニュースを見て“アイツらしい情けない事件を起こしたな”と妙に納得してしまった。相手をみて態度を変えるヤツだから。年下の高校生ならば優位に立てると思ったのだろう」



 と容疑者を古くから知る男性は呆れる。



 この大人げない事件があったのは1月23日の日曜日、正午ごろのこと。JR宇都宮駅始発の宇都宮線直通・湘南新宿ライナー逗子行きが次の雀宮駅を発車したころ、友人3人と乗り合わせていた高校2年の男子生徒(17)が、優先席に寝転んで加熱式たばこを吸う男に思い切って声をかけた。



「お兄さん、たばこを吸っていますね。やめてもらえますか」



 男は無視していたが、男子生徒から繰り返し注意されると、身を乗り出すように顔を近づけ威かく。男子生徒がたまらず押し返したところ、



「てめえ、手を出しやがったな。土下座しろ」



 と逆ギレして暴行が始まった。



■男子生徒に逆ギレ暴行して逃亡

 男子生徒がやむなく土下座して「すみませんでした」と謝ると、その頭を踏み付け、



「ふざけんなよ」



 とさらに逆上。



 男子生徒の友人や、男の連れの知人男性、駆けつけた女性車掌が制止しても突っぱね、殴る蹴るの大暴れ。男子生徒と引き離されても再び近寄って手を出すなど怒りはおさまらず、途中下車した自治医大駅のホームでも殴っている。



「警察ざたになるのをおそれたのか、男は車掌の隙をみてホーム上の階段を駆け上がり、そのまま逆側の階段を降りて乗ってきた電車にふたたび飛び乗ると東京方面に逃走した。被害に遭った男子生徒は救急搬送されている。同日午後11時20分すぎ、JR宇都宮駅に戻ってきたところを捜査員が職務質問すると、大筋で事実を認めて抵抗することなく任意同行に応じた」(捜査関係者)