コロナ禍で見出す「カラオケ店」の新たな活用法!ジムにエステ、もはや歌うだけの場所ではない
拡大する(全1枚)
カラオケ店の室内 ※写真はイメージです

 甚大なダメージを受けているカラオケ業界。だが、消毒や少人数など、基本的なことに気をつければ、カラオケボックスは換気が非常によく、安全な場所だと医学博士の吉田さんは太鼓判を押します。その企業努力と、最近のカラオケ以外の事業形態を紹介。安全対策をしっかりして、健康のためにもカラオケを!



■「カラオケ=飛沫感染」のイメージ

 変異株「オミクロン株」の出現によって、新型コロナの脅威にさらされている昨今。「またか」─、そう嘆きたくなるのも無理はない。だが、繰り返される状況に歯止めをかけるべく、約2年の経験を踏まえ自発的に対策を講じ、進化している業界がある。カラオケ業界だ。



 全国カラオケ事業者協会の調査によれば、'20年度、カラオケボックスは908店が減少し8436店。前年度と比べると店舗数の減少率は過去最大となる9・7%減を記録した。売り上げに関しても、約5割減というようにコロナによる被害は甚大だ。



「'20年度のカラオケ参加人口は前年より4割減です」



 切実な表情でそう話すのは、前出の全国カラオケ事業者協会事務局の片岡史朗さん。



 カラオケボックスは、1度目の緊急事態宣言が発令された'20年4月以降、臨時休業に。協力金があったとはいえ、当時、給付金の上限は1法人月200万円だった。「チェーン展開をするカラオケボックスにとっては焼け石に水」と片岡さんが苦笑するように、苦境に立たされる店舗が続出してしまった。