小出恵介、人気エッセイ『家族という病』映画化の主演に! 足がかりに狙う“テレビ復帰”
拡大する(全1枚)
小出恵介

《残された公演への可能性をカンパニーの皆と共に信じて経過を待ちたいと思います》



 主演を務める『群盗』で、6年5か月ぶりに舞台復帰を果たす小出恵介。しかし出演者が新型コロナウイルスに感染したことで、2月18日から21日までの公演休止が発表された。



「小出さんは久しぶりの舞台出演とあり、稽古前に共演経験のある俳優と個別の打ち合わせをするなど、準備を進めてきた。それだけに今回の一部公演休止にはショックを受けています」(舞台関係者)



 舞台初出演の共演者にはアドバイスをするなど、並々ならぬ情熱を注いでいたという。



「みんなの輪に入れない出演者がいると、小出さんが声をかけるなど、チームを盛り上げていましたね。稽古でミスをする人がいても、決して否定的なことは言わず、励ましていたのが印象的でした」(同・舞台関係者)



 小出がここまで気合を入れるのには、ある事情が。



「主演映画『家族という病』や配信ドラマなど、3作品の公開が年内に控えているんです。今回の舞台と出演作品の公開を足がかりに、テレビ復帰を見据えているようです」(芸能プロ関係者)



「今の自分にできることはなんでもしたい」

 映画『家族という病』は60万部のベストセラーとなった同名エッセイが原作。小出は主人公の小説家を演じる。



渡辺えりさんや友近さんらが脇を固めますが、小出さんの役柄は当初、2番手にあたる役柄でした。しかし話題性も考えて小出さんを主人公にしたと聞いています。昨年11月にクランクインし、昨年末には撮り終わっています」(映画配給会社関係者)