佐々木蔵之介、どんなに多忙でも年に1度は舞台に立ち続ける「こだわり」を語る
拡大する(全1枚)
佐々木蔵之介 撮影/佐藤靖彦

「“ザ・老害”のようなオヤジですよね、言ってみたら(笑)。僕が演じる英国王ヘンリー二世は、50歳すぎ。老いさらばえればいいのにまだまだ調子に乗ってるおっさんで、すっごい迷惑なんですよね(笑)」



 佐々木蔵之介の主演舞台『冬のライオン』が、2月26日より幕が上がる。



 何度かタッグを組んできた演出家・森新太郎から本作の提案をされたときには、



「また疲れることを言ってこられたな、と(笑)」



膨大なセリフ量に「やるしかない」

 1183年のクリスマス。ヘンリー二世はシノン城に妻、3人の息子、愛妾らを一堂に集める。王位、築き上げた広大な領地、そして愛妾を息子の誰に託すのか? 愛情、策略、裏切り……強烈なるロイヤルファミリー・バトルが繰り広げられる。



「みんなが欲望むき出しで、容赦ない言葉で戦い合うんですけど、それが激しすぎて逆に笑えますね。ヘンリーも固執しすぎているところが、ある意味チャーミング。そんなふうに作れたらと思っています。ただ稽古初日の翌朝、絶望しましたけどね。目覚めると声が枯れていて。これが続くのか……と(笑)」



 翻訳作とあって言い回しは独特、かつセリフ量は膨大だ。



「とにかくやるしかない。ドラマなどの映像作品は、もらってすぐ(セリフを)返すんですが、舞台は稽古が1か月あるので。セリフを覚える、というより“落ちてくる”ようになるのを待つ。身体になじませていく感じです」