南果歩、元夫・渡辺謙や息子のことも語った『乙女オバさん』にみる「持ってる人」の生き方
拡大する(全1枚)
フォトエッセイ『乙女オバさん』を出した南果歩

 南果歩(58)が本を出した。これまでの人生を振り返ったフォトエッセイ『乙女オバさん』だ。



 タイトルは彼女の造語で《夢見る頃を過ぎても、明日の自分に出会うために、夢を見続けることができる心を持っている人》のことだという。



南果歩『乙女オバさん』で明かす“家族の話”

 5日に行われたトーク&ライブでは『流行語大賞』について聞かれ「大賞はビッグボスなので無理」としながらも「ノミネートだけでもしていただけたらうれしい」と語った。



 とはいえ、本には深刻なエピソードも綴られている。2017年に乳がんを患い、その翌年、2度目の結婚相手だった渡辺謙(62)の不倫が報じられたときのつらさを告白。



《順序が逆で、心を病んだあとに、身体にダメージがあったならば、心も体も共倒れだったはずです》



 とまで書いている。しかし、全体的には明るい内容だ。なにせ、最初の夫は作家でミュージシャンの辻仁成(62)。夫婦で芥川賞受賞の吉報を喜び合った話が紹介されている。



 また、渡辺は出会ったときすでにハリウッドでも活躍する名優。そんな相手から、満月の下でプロポーズされたという。こんなに豪華なバツ2経験者は、なかなかいないのではないか。



 さらに、辻とのあいだにできた息子が辻のもうひとりの息子である「ハーフブラザー」に会いたいと言いだし、異母兄弟同士で仲よくなった話も。その後、辻とそのハーフブラザーが住むパリの家を母子で訪れ、4人で食事を楽しんだという。