Da-iCE「すごく強い守護神がついている」ブレイクを支えた“強運”メンバーとは?
拡大する(全1枚)
Da-iCE(右から工藤大輝、大野雄大、和田颯、花村想太、岩岡徹) 撮影/伊藤和幸

 大ヒットした『CITRUS』で昨年の『第63回 輝く!日本レコード大賞』の大賞を受賞したDa-iCE。メンバーの工藤大輝と花村想太が作詞でも参加している楽曲での受賞。



昨年はDa-iCE結成10周年のメモリアルイヤー

工藤大輝(以下、工藤)「ありがたいと思いますが、プレッシャーでもあります。今年も結果を求められる気がしてしまって」



花村想太(以下、花村)「『CITRUS』という曲にいただいた賞。ここからさらにグループ名を知っていただいて、いま以上に“Da-iCEといえば『CITRUS』だよね”と言っていただけるようになっていきたいです」



 受賞した昨年はグループ結成10周年というメモリアルイヤーでもあった。



花村「本当に奇跡だと思います」



大野雄大(以下、大野)「授賞式のあとは、お祝いすることもなく、すぐに帰りました。翌日の大みそかに単独ライブもありましたし、ももいろクローバーZさんが開催されている年越しライブイベント『第5回 ももいろ歌合戦』にも参加させていただいて。そのあと、『CDTVスペシャル!年越しプレミアライブ2021→2022』にも出演したので」



和田颯(以下、和田)「年末がこんなに忙しかったのは初めてで、うれしかったです」



 流れがきている5人は、CONCEPT EP『REVERSi』(※EP:シングルよりも曲数が多く、アルバムより少ないもの)をリリースしたばかり。ドラマ『ユーチューバーに娘はやらん!』の主題歌『SWITCH』など、収録の9曲中4曲がドラマや映画、アニメの主題歌、CMソングとなっている。