新庄剛志にジャニーさんら「有名人を演じるなら誰がいい?」勝手にキャスティングで見えた適任者
拡大する(全1枚)
左上から時計回りに山田孝之と勝新太郎、鈴木亮平とアントニオ猪木、瀬戸内寂聴と大竹しのぶ、ダンプ松本と加藤諒

 年号が令和に変わって約4年。最近では“昭和の怪物”の半生をモデルにしたドラマが増産されている。特に動画配信サービスのNetflixでは、オリジナルコンテンツとして実在の人物をモデルにしたドラマ・映画の制作に力を入れているようだ。



 そのひとつが、昨年末に配信された『浅草キッド』。下積み時代のビートたけし(75)を俳優の柳楽優弥(31)が演じ、彼の高い演技力が絶賛されたのは記憶に新しい。その一方で「なぜこんな配役に……?」と、視聴者が首を傾げざるをえないケースも少なくない。



 例えば、女子プロレス全盛期を支えたヒールレスラー、ダンプ松本(61)をモデルにしたNetflixで配信予定のオリジナルシリーズ『極悪女王』。全プロレスファンがキャスティングに注目するなか、『女性自身』2月15日号は、女芸人のゆりやんレトリィバァ(31)がダンプ役に内定したと報じた。だがこの配役に異議を唱える人は多い。



「ゆりやんを指名したのは企画・脚本を務める鈴木おさむ(49)とのことですが、演技力でなく話題性だけでキャスティングした印象です。せっかく頑張ってダイエットをしたゆりやんへの敬意も感じられません。演技力と話題性を考えるなら、女性である必要はないので、加藤諒(32)あたりがいいのでは?」(ベテランスポーツ紙記者)