尾上松也、“怖い”と思うものは「神出鬼没の週刊誌」激写されたプライベートとは?
拡大する(全1枚)
尾上松也 撮影/吉岡竜紀

鈴木おさむさんとは以前から“何かご一緒できたらいいですね”とお話しさせていただいていました。それが今回ようやく念願叶って。決定したときは、まずそれがとてもうれしかったです」



 3月4日から公演開始の舞台『怖い絵』に主演する尾上松也。作・演出の鈴木おさむとの初タッグが決まったときの喜びをこう語る。今作は、名画に隠された恐怖の背景を解説したベストセラーの美術書『怖い絵』(中野京子著)をモチーフにしたミステリー。松也は、投資家、絵画コレクター、復讐代行人という3つの顔を持つ主人公・絵田光を演じる。



「この3つの顔を持っている人間って、どう考えても変ですよね(笑)。ですが、僕もコレクションしているものがありますので、コレクターの気持ちがとてもわかります。普段は静かなトーンで話しているのに、その話になると急にワントーン上がって声が裏返ったりする気持ち悪いところを持っていて(笑)。そういう“ならでは”の感じが、自然に出てしまうようなリアリティーを出せたらなと思ってます」



キャンドルにハマってます

 松也が声が裏返ってしまうほど熱く語るものとは?



「今ハマっているのは、スニーカーとキャンドル。スニーカーは200足くらいあって、もちろん全部履いたことがあります。キャンドルも常にストックが100個以上」



 キャンドルの魅力を尋ねると、熱い語りがスタート!



「香りとかではなく、あの火を見たいだけなんです。一時期はキャンドルをつけて、テレビのモニターで焚き火の映像を流していたことも(笑)。火は同じ動きがなく、ずっと見ていてもまったく飽きません。ですので、灯している間は何もせずに、ただぼーっと見ているだけ。火のゆらめきに癒されています。病んでいるわけではありません(笑)」