山下智久ドラマも期待、小田和正が歌えば当たる!『東ラブ』で確立したドラマ&主題歌ヒットの法則
拡大する(全1枚)
小田和正(公式サイトより)

 この春スタートする連続ドラマのなかでも注目なのが、一昨年にジャニーズ事務所を退所した山下智久(36)がNHKドラマに初主演するドラマ10『正直不動産』(4月5日スタート、NHK総合毎週火曜夜10時~)だ。



 口八丁手八丁で売り上げNo.1の不動産営業マンが、たたりでウソがつけなくなることから始まる痛快お仕事コメディーで、同名コミックの原作をドラマ化。『監察医 朝顔』や『ハコヅメ~たたかう!交番女子~』の根本ノンジが脚本を担当するほか、小田和正が主題歌『so far so good』を書き下ろし、ドラマを後押しする。



『ラブ・ストーリーは突然に』誕生秘話

 小田といえば、これまでも多くのドラマ主題歌を手がけているが、1991年のドラマ『東京ラブストーリー』の主題歌『ラブ・ストーリーは突然に』がもっとも有名だろう。



 ドラマは、リカ(鈴木保奈美)とカンチ(織田裕二)のすれ違いの恋愛模様が描かれ最高視聴率32.3%、主題歌は270万枚越えのダブルミリオンヒットを記録した。



「主題歌は作品のイメージに合わせて作られていて、切ないドラマの内容ともマッチしていました。毎回ラストの見せ場に主題歌が流れるスタイルは『男女7人夏物語』(’86年)などすでにありましたが、人気ドラマと主題歌ヒットの取り合わせは“東ラブ”のインパクトが大きく、見せ場で流れて曲がヒットする方程式を確立したと思います」(ドラマウォッチャーでライターの成田全さん)