津田寛治『特捜9』から告知なし卒業でブーイング、新メンバー・向井康二らが直面する“内輪の壁”
拡大する(全1枚)
昨年、津田寛治に降板疑惑を直撃すると「僕の口からは、何も話せません」

《信じられない!! 完全に特捜9じゃないじゃん!!》
《レギュラーだった人を視聴者に何も報告なしでゲスト扱いにするのはどうなの?》



 3月23日、ドラマ『特捜9 Season5』(テレビ朝日系)のポスタービジュアルが公開された。しかし、ある人物がひっそりと姿を消していることにファンから戸惑いの声が上がっている。



結婚させて“卒業”

「前身の『警視庁捜査一課9係』から出演していた津田寛治さんがポスターから消え、“第1話ゲスト”として登場すると発表されたんです。シリーズ作品から卒業する場合、『相棒』などのように事前に告知することが多いのですが、今回は事後報告だったため、悲しむファンが相次いでいます」(テレビ誌編集者)



 昨年ネットメディアが行った“『特捜9』と『9係』で好きな登場人物”アンケートで、津田が演じる村瀬健吾は井ノ原快彦が演じる主人公を抑え1位に輝くなど、ファンから支持されていたが……。



「津田さんは『9係』時代からの古参スタッフが次々と外されていくなど、新シリーズのやり方に納得ができず、シーズン3の段階で降板を申し出ていたとか。でもメインキャストだけに急に降板させるわけにもいかず、シーズン4で羽田美智子さん演じるバディの小宮山と結婚させることで、区切りをつけたようですね」(テレビ朝日関係者)



 作品を長年支えてきた津田に代わり、今シーズンからSnowManの向井康二と元乃木坂46深川麻衣の2人が加わることに。