山田涼介がお手本にしたい“かわいい”代表、「NGを出すと抱きついてくるんですよ」
拡大する(全1枚)
オシドラサタデー『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』

 “かわいい”を武器に生きてきたあざかわ男子と26年恋愛経験ゼロのロボット女の遅すぎる初恋を描く、オシドラサタデー『俺の可愛いはもうすぐ消費期限!?』。ド直球のラブコメ作品で主人公のあざかわ男子・丸谷康介を演じるHey! Say! JUMP・山田涼介にインタビュー。



本格ラブコメに初挑戦!

 初めての経験なので、どうなりますかね。ラブコメもですが、30分というドラマの枠も初めて。すごくテンポよく物語が進んでいきます。芳根(京子)さんが演じる恋愛経験ゼロの和泉と、仕事も恋も求められる側の康介の不器用なふたりの恋の物語の中で、ここにコメディー要素をぶち込んだのか! という感じで笑いが入ってくる。康介が自分の消費期限が近いことに、なぜ気づいてしまったのかにも注目してほしいです。



共演者(芳根京子古田新太大橋和也)のこと

 芳根さんとは映画『記憶屋 あなたを忘れない』('20年)で一度共演したので、またご一緒できると聞いて非常にうれしかったです。僕、台本にないことを言ったり、わりと自由度が高い芝居をするタイプ。そんな僕の投げたボールをしっかり受け止めて返してくれる方なので、安心感があります。



 (康介につきまとい、不安な気持ちにさせる謎の人物役)古田さんは、ドラマ『左目探偵EYE』('10年)以来の共演。16歳で単独初主演した作品で、重い内容の物語だったので自分のことでいっぱいいっぱいで。正直、当時の古田さんのことをあまり覚えていなくて。台本どおりにいかない方だと思うので、どんなボールを投げてくるんだろうっていうワクワク感が強いです。きっと、僕、投げ返すのに必死になると思う(笑)。