稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾「ちょっとロマンティック」 な“ワルイコ”だったのは誰?
拡大する(全1枚)
新しい地図 撮影/廣瀬靖士

 稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾が視聴者と一緒に社会を楽しく学ぶ教育バラエティー『ワルイコあつまれ』が4回の特番を経て4月からレギュラー放送スタート。早速、収録に臨んだ3人にいまの心境や見どころを直撃!!



草なぎの提案に香取「絶対やらないです!!」

草なぎ「みなさんの応援とか後押しのおかげでレギュラー番組になったので、とてもうれしく思っています。まだ出発したばっかりなんですけど、すごく刺激的でワクワクしている自分がいるので、視聴者の方にも楽しんでもらえたらと思います」



香取「こうやってまたテレビで遊ばせてくれる場所がNHKさんにあるとは思わなかったので、すごくうれしいです。僕は今まで、スタッフの方たちとしっかり話し合って番組を作るほうだったので、今回みたいにあんまり話を詰めないままスタジオに来る感じが新鮮で。だから、今まで以上に視聴者のみなさんと、はちゃめちゃにテレビで遊びたいと思います」



稲垣「僕もふたりと同じで、反響や後押しが本当にうれしかったです。コントとかバラエティーの要素もあって、自分たちもやってて楽しいですし。新たな出会いや再会も含めてこれからが楽しみです」



――番組で掘り下げて学んでみたいジャンルはありますか?



草なぎ「心理学とか脳科学なんかおもしろそう。“将棋のプロは何手先まで読めるか? コンピューターと戦ってみよう!!”とか“脳科学の真実”みたいな感じで。Eテレさんっぽいじゃないですか(笑)。で、ゴロさんと慎吾ちゃんが将棋の駒の着ぐるみで動いたり(笑)」