植草克秀 “3000円ラブホ”不倫騒動であぶり出されたアイドルの素質「まるで初体験、『少年』そのもの」
拡大する(全1枚)
植草克秀

『ボキャブラ天国』(フジテレビ系)で人気を博した歌うピン芸人・金谷ヒデユキが「少年隊のソロ活動」をネタにしたことがある。『ブルドッグ』(フォーリーブス)のサビを「いつでもヒガシが 話題になる ニッキとカッちゃん どうにも気の毒」と替え歌にしたのだ。



 そのカッちゃんこと植草克秀(55)が話題になった。ただし、不倫だ。



植草、低価格ホテルで不倫疑惑も……

 写真誌によると、相手は30代後半のモデル風美女で、会社経営者。とはいえ、今回注目されているのは2度の密会現場だ。どちらも庶民的価格のホテルで、2時間あるいは2時間半で3千円台から使えるという。それゆえ、渡部建の「多目的トイレ不倫」や袴田吉彦の「アパ不倫」と並べる声も出ている。



 また、本人は写真誌の直撃に対し「付き合ってないですよ」と答え、ホテルについても「行ってないよ。いや、行っていないです!」と否定。その煮え切らなさを嘆く声もある。



 そんな植草は1980年にジャニーズ入り。東山紀之錦織一清とともに『少年隊』として人気を集め、'85年にCDデビューを果たすと『仮面舞踏会』『君だけに』などを大ヒットさせた。



 しかし、2008年を最後に少年隊としての活動は休止状態となり、'20年にはジャニーズからも退所。その後はユーチューブを始めたり、舞台の演出に挑戦したりしているものの、好調とはいえない。



 一方、私生活は意外と盛況(?)で、'10年に離婚、16年間連れ添った元モデルの妻が子ども2人を引き取り、彼は'13年に会社経営者と再婚して、子どもも生まれた。