ガーシー砲が新田真剣佑を狙うも不発、それより盛り上がる“沢尻エリカの女王様っぷり”
拡大する(全1枚)
映画『億男』の初日舞台での沢尻エリカ('18年10月)

 4月10日、暴露系YouTuberのガーシーこと東谷義和氏が自身のチャンネル「東谷義和のガーシーch【芸能界の裏側】」の登録者数100万人突破を記念し、生配信で爆弾を投下した。



ガーシー爆弾で被弾した真剣佑より盛り上がるエリカ様

 被弾したのは新田真剣佑(25)だ。脱税疑惑や、ONE OK ROCKのボーカルTaka(33)への恨み節、反社会との関わりなど、まさに”裏の顔”とも言える悪行の数々を暴露したが、毎度のことながら真偽は不明である。



 他にも有名歌手や人気アイドルとの交友関係なども暴露するが、出てきた当初に比べるとその影響力は少し薄れてきたと話すのは芸能事務所関係者だ。



「チャンネル登録者数100万人突破記念の爆弾にしては、東谷氏が以前より名前をよく出していた真剣佑さんの話だったので、驚きはそこまでない印象です。



 真剣佑さんサイドも公に何かを発言することはなく、城田優さんや綾野剛さんの時のようにスルーされるのではないでしょうか」



 週刊誌やネットニュースといったメディアもあまり触れることがなくなってきたガーシー砲だが、そんな中でもこれまでと違った盛り上がりを見せたのは、沢尻エリカ(35)だ。



 東谷氏が暴露した真剣佑の女性遍歴では、交際女性に対し粗雑な扱いをしていたことや、関わりを持ちたいと必死だった女性を相手にしなかったことなど、とにかくモテるエピソードが多かったが、唯一、真剣佑を”上から目線”で呼びつけていたのが沢尻だったという。