阿部寛、安田顕にもイジられた “レトロ公式HP”が実は時代に合わせて変化していた!
拡大する(全1枚)
ドラマの撮影中の阿部寛('21年)

 変わらないためには、変わり続けなければならない――。



《阿部寛、ホームページ変更を拒否》



 こんなニュースがYahoo!トップページに掲載されたのは4月8日のこと。同日に行われた映画『とんび』の公開舞台挨拶で、主演の阿部寛を共演の安田顕が「阿部さんは、ご自分の公式ホームページを更新された方が」と彼のホームページをイジったことが発端だ。



タイムスリップした印象

「阿部さんの公式ホームページは非常に簡素なデザインで以前から話題になっていたものです。安田さんのイジりに対し阿部さんは、“でも、あれ人気だから”と笑顔で変更を拒否。安田さんも “変える必要ないですね(笑)。失礼しました”と、笑顔で引き下がっていました」(スポーツ紙記者)



 本人が非常に気に入り、変更を拒否する阿部のホームページとは……。



「人気がある理由はまずそのデザイン。令和となっては見ることがない、'90年代のインターネット黎明期にあったホームページのデザインが現在に至るまで採用されています。具体的に言うと、阿部さんのホームページは、日本IBMが販売をしていた『ホームページ・ビルダー』というソフトで作られています。



 異様なまでの騒ぎとなった『Windows95』の発売、それによりインターネットが普及しだした'90年代中頃、ホームページ作成ソフトが世に広まり出しました。そのためプロではない一般人も趣味でホームページを作成する人が増えた。