『金田一少年の事件簿』の七不思議、堂本剛のもみあげ、亀梨だけ単発、“幻の事件”を解き明かす!
拡大する(全1枚)
左から歴代金田一の堂本剛、松本潤、亀梨和也、山田涼介(日テレHPより)

 '95年に初放送された大ヒットドラマの新シリーズが始まった。名探偵の孫が、幼なじみや警部らと難事件を解決していく。改めて振り返ってみると、今となっては意外な出演者たちや、撮影現場での㊙︎エピソードが盛りだくさん!



秘密1 もはや“伝説”!売れっ子役者もチョイ役で出演

 5代目・金田一を演じるのは、ジャニーズの人気急上昇グループ『なにわ男子』道枝駿佑。約27年に及ぶシリーズの中では、今やすっかり売れっ子となった俳優たちも過去に出演している。 '95年、第1シリーズに出演したのは、当時“金子信昭”名義だった金子ノブアキ。



「アメリカからやって来たIQ180の天才少年を演じました。今ではワイルドなイメージですが、当時は14歳。パッチリした目が印象的な美少年でした」(テレビ誌ライター、以下同)



『金田一』がテレビドラマ初出演だった俳優もいる。



「“ヨースケ”の名義で、窪塚洋介さんが出演。いじめを苦に自殺したとされる学生の役でしたが、これが役者としてのスタートでした」



 同じシリーズで高校生の真壁誠役で共演した元ジャニーズJr.の佐野瑞樹が振り返る。



「いじめグループに言われて、僕が窪塚さんを殴るシーンがあったんですが、覚えていなくって。後に『池袋ウエストゲートパーク』で窪塚さんは不良のリーダーである“キング役”。なので“真壁がキングを殴った”と、まわりから言われました(苦笑)」