松本まりか「助けてってSOSって何度も」深夜に“闇ツイート”連投、不安視されたメンタル
拡大する(全1枚)
松本まりか

《助けてってSOSって何度もツイートボタン押しかけた。押せなかった。2年前1年半前。限界だった。そっから止まらなかった止まれなかった。その限界を吐き出せなかった。》



 4月25日深夜に自身のツイッターを更新した女優・松本まりか。最初に《言葉が出てこない どんな言葉を発せばいいか そもそも言葉がない 自分の中にもう、ない》とのツイートを投稿すると、次には……、



《いつもいつもいつも笑顔で元気に振る舞ってそんなことも出来なくなっていつしかもっと出来るようになって、もう表面上だけで。そこにはもう自分の本質なんてなくてでもずっと楽しくしてた。楽しかったし。楽しいと思わなきゃもう動けなかった。》



 冒頭のツイートも含めて、黒い背景に白い文字で改行せずに書いた文章画像を、10枚続けて投稿したのだ。



 4月9日スタートの小芝風花主演ドラマ『妖怪シェアハウス』(テレビ朝日系)に出演中で、5月には神尾楓珠主演のNHKドラマ『17歳の帝国』にも出演予定。近年、遅咲きのブレイクを果たしてドラマや映画、そして“あざとかわいい”キャラがウケてバラエティー番組にも引っ張りだこの松本。



 その多忙さゆえに、彼女の「メンタルな部分を心配する声も上がっていた」とは、老舗芸能プロマネージャー。



「2020年12月には《試されてるんだと思う》《乖離》《壊》などと、唐突にツイートしてはファンを心配させた。また『情熱大陸』(TBS系・2021年2月放送)に出演した際も、自身の生い立ちに触れると“嫌われるのが怖い”と涙をこぼす場面も。