中島健人が木村拓哉、二宮和也に迫る!CMに起用したくなる「セクシーだけじゃない」戦略
拡大する(全1枚)
SexyZone・中島健人

ジャニーズ事務所のタレントの中では、これまでは木村拓哉さんやTOKIOのCM出演が多かったですが、このところ変化が起きているんですよ」(スポーツ紙記者、以下同)



 今年に入って、Sexy Zone中島健人のCM契約社数が急増しているのだ。



「ジャニーズ事務所公式サイトを基に、グループでの出演も含めたCM契約社数を確認すると、1位が10社の木村さんで、2位が9社の二宮和也さん。中島さんは3位タイの8社で、櫻井翔さん、国分太一さんと並んでいます。中島さんは、そのうち4社が今年に入って始まったものです」



 若手ジャニーズでは断トツのトップだ。



「年明けすぐに始まったのが『ユーキャン』で、3月からは湖池屋のスナック菓子『スコーン』とミクシィのゲーム『モンスターストライク』のCMが始まりました。また、同じくSexy Zoneの菊池風磨さんと共演している『アサヒビール』のCMも、3月から放送されています」



 名だたる先輩の背中を猛追するその勢いに、囁かれている臆測があって……。



「若手だからギャラが安いんじゃないかとか、ジャニーズ側がプッシュしてるんじゃないかとか、噂が飛び交っているんです」(PR会社関係者)



 しかし、この活躍のワケは別のところにあるようで。



「噂されているような、ギャラが安いとかゴリ押しとかは、ジャニーズにはあまりありませんよ(笑)。テレビで流すCMなので“テレビを見る人たちが知っている”ことが重要。ドラマやバラエティー番組で中島さんの露出が増えたおかげで、ジャニーズのファン層以外にも浸透して、単独でも起用できる知名度になったことが大きな要因ですね」(広告代理店関係者)