津田健次郎「鬱屈していた」高校時代、大人気イケボ声優が語る“人生のターニングポイント”
拡大する(全1枚)
津田健次郎(撮影・佐藤靖彦)

「犬の声をさせていただくと思ったとき最初に北大路欣也さんを思い浮かべました」



 連続ドラマ『ナンバMG5』(フジテレビ系毎週水曜夜10時~)で、主人公・難破剛(間宮祥太朗)の愛犬・松の声が話題の津田健次郎。



 愛らしい柴犬の松とは対照的な渋めの声という意外性がウケている要因だ。



「アニメーションではいろんな動物の声を演じていますが、実写の犬は初めて。レアな体験をさせてもらっています」



 ヤンキーの剛が、普通の高校生に憧れて二重生活を送る痛快コメディードラマ。剛の傍らで本音やツッコミのセリフを吐く松は欠かせない存在で、台本にないセリフも多いという。



「ワンワンと吠える以外にも一生懸命でかわいい演技をする松の細かい動きや表情にも、できる限り声を当てたいと思いセリフが倍くらいに増えています。真っすぐな松の魅力を視聴者に伝えるサポートをしたいと思っています」



“脱ヤンキー”に奔走する剛だが、自身は高校時代「鬱屈していた」と語る。



「何者でもない自分にイライラしていました。突飛な行動やグレたりとかはなくて、心にぽっかりと穴があいているような青春時代を送っていました。そんなときに中学生のころに出会った映画の世界で生きたいと強く思い始めました」



『スター・ウォーズ』吹き替えや『新・情報7daysニュースキャスター』も

 映画監督を夢見て大学に進学。在学中、役者に興味を持ち劇団の養成所に入り舞台を中心に活動していたが、アニメ『H2』のオーディションをきっかけに声優としてのキャリアがスタートした。