上野樹里、アンチを呼びやすい“モノ言うキャラ”でも嫌われない最大の理由
拡大する(全1枚)
上野樹里

 大型連休中のロックフェスでのパフォーマンスを巡って、ひと騒動が起きた。



上野樹里、夫のフォローで見せた強い女性像

 TRICERATOPSの和田唱がツイッターで《ステージ上での泥酔を良しとする風潮はどうなのよ?》《周りがチヤホヤして許すから裸の王様が出来上がるんだ》《以前は尊敬してたけどね》と批判。その対象が奥田民生だと判明したあと、和田は奥田から謝罪され和解したとして、批判のツイートを削除した。



 そんな騒動に関わった人がもうひとり。和田の妻で女優の上野樹里(35)だ。「奥田を呼び、ステージに上げると決めたのは、和田たちではないのか」という指摘に対し、



《ゲストに呼んだのは唱さんじゃありません。イベント側です》



 と、反論ツイート。夫のフォローに回った。彼女の「モノ言うキャラ」は健在のようだ。



 また、ダイワハウスのCMには怖がりでひ弱な夫をたくましく引っ張る妻役で出演。そんな「強い女キャラ」も、今回の騒動で裏打ちされた感じだ。



 こういうキャラの人はとかくアンチも生みやすいが、彼女の場合はそうでもない。その最大の理由は女優としての実績だろう。



 17歳のとき、NHK朝ドラ『てるてる家族』でヒロインの姉役を演じて以来『のだめカンタービレ』(フジテレビ系)や『江~姫たちの戦国~』(NHK)『監察医 朝顔』(フジテレビ系)といったヒット作に出演。その「天然系自然体」というべき演技は大竹しのぶあたりの系統を受け継ぐものだ。