宮迫博之「お笑いやりたい」とさんまが明かすも、肝入りネット番組はてんちむ・ヒカル「YouTuberだらけ」の皮肉
拡大する(全1枚)
明石家さんま宮迫博之

 3月1日、東京・渋谷に高級焼き肉店「牛宮城」をオープンした元雨上がり決死隊・宮迫博之。これまで、芸人の江頭2:50やキングコング西野亮廣、実業家のホリエモンこと堀江貴文、歌手の美川憲一、元AKB48島崎遥香ら、数々の著名人が同店を訪れているが、このほど、宮迫が“師匠”と慕う大物芸人・明石家さんまが来店した。



 その際、宮迫はさんまに、お笑い界への未練をこぼしたといい、YouTubeと「牛宮城」が中心となっている現在の活動に、少なからず不満を抱いていることがわかった。



「焼き肉店」以外の活動も

 さんまが、5月21日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)で明かしたところによると、「牛宮城」では開店祝いに高級シャンパンを注文。一緒に酒を飲んだ宮迫は、へべれけに酔っ払い、最後には「お笑いやりたいっす」と、本音をこぼしていたという。



「『牛宮城』にアルバイト体験を行ったというFUJIWARA藤本敏史は、同番組で宮迫について、『もう芸人ではないですね。ただの店長でしたね』と語っていました。確かに最近の宮迫は、昨年7月に始動した『牛宮城』プロジェクトにかかりっきりの状態になっています。



 特に当初のオープン予定だった10月直前、共同経営者の人気YouTuber・ヒカルから、肉の品質をボロクソに言われて以降は、ネットユーザーの目が光っていることもあってか、宮迫はガネーシャの本田大輝社長とコンサルタント・本間儀彦氏の協力の元、商品開発と店づくりに奔走。その努力が実を結び、『牛宮城』は今のところ評判は上々で、経営者としてもそれなりの評価を得たようですが、一方で、本業の“お笑い”からは遠ざかってしまった印象です」(芸能ライター)