多部未華子・吉高由里子、クールな目元美人は健在!“パッチリ二重”はもう古い「最新まぶた事情」
拡大する(全1枚)
多部未華子(左)と吉高由里子(右)

 TBS系で放送中の日曜劇場『マイファミリー』で二宮和也の妻役で出演中の多部未華子。多部未華子といえば、華やかでゴージャスな美貌というより、しっとりとしたオリエンタルな雰囲気が人気。そしてその特徴をイメージ付けているのが「目元」。最近は以前よりハッキリした目元になったように見えるが、従来の芸能人のイメージである「幅広のパッチリ二重」ではなく、一重っぽい目元の持ち主。



 同様に「非・パッチリ目の売れっ子女優」として名を上げたいのが、2024年放送予定のNHK大河ドラマ『光る君へ』の主演に決定した吉高由里子。同じく一重寄りの二重で一重に見える。



 どちらもいわゆる「パッチリ二重」ではないが、画面の中の彼女たちは美しく、存在感もあり、とても美人。もはや時代は「パッチリ目」ではないのか? 『整形ポリス』こと、有名人の劣化問題やプチ整形疑惑にまで鋭く目を光らせている、ネットウォッチが趣味のOL・プラ美と美容ライター・イム子のアラフォーコンビが「最旬の目元整形」から「イマドキの二重事情」を調査!



  ◇   ◇   ◇  



プラ美:テレワークに慣れすぎて久しぶりにメイクしたら、目元のメイクがぼやけるんですけど! 私の黄金メイクテクはどこへ行ったの?



イム子:はは~ん、それはズバリメイクのせいじゃなくて「加齢」ね。



プラ美:えっ? シワとかないし違うでしょ?



イム子:たるみよ、たるみ! 頬や顎下だけじゃない、まぶたもきっちりたるむのよ!