城田優、三浦春馬さんの代表作『キンキーブーツ』出演で批判殺到も叶えたかった“涙の約束”
拡大する(全1枚)
城田優

《ローラ役、一生懸命演じさせていただきます》



 5月24日、城田優がインスタグラムを更新。今秋上演されるブロードウェイミュージカル『キンキーブーツ』に出演することを報告した。



「'05年に公開された同名のイギリス映画が原作。この映画をもとにブロードウェイでミュージカル化されると、トニー賞で最多となる13部門にノミネートされるなど、高い評価を得ました。'16年に日本で上演された際は、ドラァグクイーン役を三浦春馬さんが演じて話題に。'19年にも同じキャストで上演され、春馬さんのハマり役と絶賛されました」(演劇ライター)



 春馬さん自身も特に思い入れが強い役で、台湾で行われたファンミーティングでは、



「生まれ変わってもローラを演じたい」



 と語るほどだったが、再び演じることはなかった。



ガーシーこと東谷義和氏の暴露でファンは

「'20年7月に急逝。才能あふれる方だったので、業界内外で悲しむ声が相次ぎました」(スポーツ紙記者)



 それだけに城田で再演されることに対して、作品や春馬さんのファンからは、SNS上で批判の声が上がっている。



《また新しくやらなくてもいいんじゃない? だってみんなは三浦春馬だからこそ好きな作品なわけで》



 加えて、あのお騒がせ人物の発言も影響していて……。



「数多くの芸能人に女性をアテンドしてきた暴露系ユーチューバーの“ガーシー”こと東谷義和さんが、動画内で“春馬さんは城田たちの飲み会に来なくなったし、親友ではない”と明かしたんです。春馬さんが亡くなった後、城田さんは音楽番組で涙をこらえきれない様子を見せていました。インスタグラムでも、春馬さんへの思いを長文で投稿していただけに、親友だと信じていたファンの中には裏切られたと感じた人もいたのかもしれませんね」(前出・スポーツ紙記者)