宮沢氷魚が『ちむどんどん』で新聞記者役を熱演中、「家ではやらない」密かな楽しみとは
拡大する(全1枚)
宮沢氷魚 撮影/齋藤周造

「『エール』ではアキラという役をやらせていただいて、最後の2週間半くらいの出番だったので、短期間でぐっと詰めてお芝居をさせていただきました。今回の和彦は1話から登場する人物なので、全編をとおして作っていくことができる役柄。



 それに対しての喜びもありつつ難しさも感じているので、1年以上かけてどういうふうに和彦と成長していこうか楽しみながら演じています」



沖縄が大好き

'20年放送の『エール』以来、2度目の朝ドラとなる宮沢氷魚が、青柳和彦役で『ちむどんどん』に出演中。幼いころ父親の仕事で沖縄に暮らし、ヒロインの暢子(黒島結菜)たちと友人に。その後、東京に戻り海外留学を経て新聞記者となり、沖縄にまつわる記事をライフワークとして書きたいという夢を持つ役どころだ。



「和彦を演じてみて、すごく優しくて穏やかで、人として愛されやすい人間だなって思いました。でも、一見しっかりしているように見えて、ちょっと不器用だったり、ドジっぽいところもあり、そのギャップがすごく気に入っていて。僕もしっかりしているように見られることが多いのですが、よくボーッとしていたり、優柔不断だったり(笑)。そういう部分は似ているなって思います」



 沖縄は好きで、プライベートでも幼いころから何度も行っているそう。



「初めて行ったのは3、4歳くらいで、年に1回行っていたときもありましたし、少なくとも14、5回は行っていると思います。子どものときは、海で泳ぐのが楽しかったんですが、大人になったら勉強になるので、各地の記念館を巡ったりしています。