眞子さまの"交際報道"も皇室ジャーナリストはお相手との「ご成婚」の可能性に懐疑的

眞子さまの"交際報道"も皇室ジャーナリストはお相手との「ご成婚」の可能性に懐疑的
紀子さま(右)に続き、妹の佳子さまが控えるなか水色の和服で優雅に

 10月13日夜、国賓として来日していたベルギー国王夫妻主催のコンサートに招待された秋篠宮家の長女・眞子さま



 この日の午後には、母・紀子さま(50)とともに千葉県市川市で開かれた「全日本聾教育研究大会」の開会式にも臨席していたが、お疲れの様子もみせず会場へ。



 眞子さまはマチルド王妃(43)に右手を差し出して、深々と「カーテシー」の挨拶をされたが、王妃が握った手の薬指に光っていたのはパールのリング。

 近ごろ、ウキウキしてくる気持ちを抑え、“彼氏”とおそろいのアクセを外して、大切な外国のお客さまをもてなされた。



 そんな眞子さまにとって、“初ロマンス”と言っていい今回のデート。



「プライベートが、側衛に囲まれた高級車ではなく電車内で目撃されたのが、眞子さまらしく微笑ましいですね」



 そう目を細めるのは、長年皇室を取材するジャーナリストで、文化学園大学客員教授の渡辺みどりさん。



「ご両親の秋篠宮ご夫妻も、学習院大学時代に出会い、自由恋愛を謳歌して結婚されたので、眞子さまにボーイフレンドとの話が出てこないのが不思議なくらいでした」



 しかし、今回の交際がすぐにご成婚に結びつくかどうかは疑問だと渡辺さん。



「最近では、“結婚適齢期”という言葉は死語になっています。



 しかも、両陛下の初孫である眞子さまは、おばの黒田清子さんのように公務をする内親王として期待されています。『女性宮家』問題もどう推移するかわからない状況でもあります」

あわせて読みたい

気になるキーワード

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2016年10月18日の社会記事
「眞子さまの"交際報道"も皇室ジャーナリストはお相手との「ご成婚」の可能性に懐疑的」の みんなの反応 5
  • 匿名さん 通報

    もう25歳なんだから結婚して子どもをたくさん産むのが日本の古くからの伝統なんじゃないか?そうであれば、早く結婚して子どもを産むのが日本の伝統を守り続ける皇族としての崇高な役割。

    4
  • 匿名さん 通報

    クズな男と結婚することになるより遅れるほうがよほど正しいだろう。崇高な役割とやらは皇族の犠牲の上に成り立つものではない。

    4
  • 匿名さん 通報

    付き合うことと結婚は次元の違う話。 パラリーガルでは共働きでないと今と同じ水準の生活は保障できない。本当にこの方で良いのか疑問に感じる。

    3
  • 匿名さん 通報

    相手の事も詳しく根掘り葉掘り報道していたが、そっとしておいた方がいいのでは?一般人だったらなおのこと。

    2
  • 匿名さん 通報

    じゃあ、佳子様は私が貰いますね^_^

    1
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「佳子さま」のニュース

次に読みたい関連記事「佳子さま」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「秋篠宮眞子」のニュース

次に読みたい関連記事「秋篠宮眞子」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「眞子さま」のニュース

次に読みたい関連記事「眞子さま」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。