“ながらポケモンGO”で死亡事故、9歳息子を失った父親の慟哭「世が世なら、仇を……」

“ながらポケモンGO”で死亡事故、9歳息子を失った父親の慟哭「世が世なら、仇を……」
       
敬太くんが持っていた水筒が衝撃で変形するほどの事故だった

 スマートフォン用ゲームアプリ『ポケモンGO』が配信スタートした今年の夏以降、運転中の“ながらポケモンGO”による交通事故が、全国で相次いだ。



 徳島市では8月、歩行者の女性2人がはねられ1人が死亡、愛知県でも8月に歩行者の女性がはねられ死亡、京都府では9月、原付きバイクを運転していた女性が大型クレーン車にはねられ死亡、福島県では11月、車の荷卸しをしていた男性がひき逃げされ死亡した……。



 愛知県一宮市で集団下校時の児童に会社員・川合信右被告(36)が運転するトラックが突っ込み、6人の先頭を歩いていた小学4年生、則竹敬太くん(当時9)の命を奪う痛ましい事故が起きたのは10月26日のことだった。



 自宅からわずか250メートルの横断歩道。6人の中には敬太くんの兄もいて、事故現場で「敬太、死ぬなよー」と、涙ながらに叫んでいたという。



 四十九日の法要を終えた父親の則竹崇智さんに話を聞いた。敬太くんの仏壇には、彼が好きだったたくさんのお菓子が供えられていた。



「うちの子がなぜ、ゲームの犠牲にならなきゃいけないのか。ルールを守り横断歩道を渡っていたのに。被告は子どもに駆け寄って救命することもなく、ただ突っ立っていただけ。明らかに殺人です」



 と静かな口調で怒りを表す。



 事故当日の朝、仕事に出る際に、2階から兄弟2人が「いってらっしゃい」と声をかけてくれたのが、敬太くんとの最後の会話だったという。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「“ながらポケモンGO”で死亡事故、9歳息子を失った父親の慟哭「世が世なら、仇を……」」の みんなの反応 3
  • 匿名さん 通報

    この件に限らないけれど、ゲームしながら運転とかはもっと罰則を厳しくしてもいいと思う。一生スマホ所持を禁止するとか。

    3
  • 匿名さん 通報

    法的には運転中の「メール」や「通話」も禁止されているのである。「ゲーム」という機能に問題を矮小化すべきではない。

    3
  • 888 通報

    故意に殺したのだから 死刑は、当然のことと 私は思う 『人は、生まれながらの悪人』私はと訂正『わたくしは、生まれながらの悪人』

    2
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「死亡事故」のニュース

次に読みたい関連記事「死亡事故」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュース

次に読みたい関連記事「ひき逃げ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「交通事故」のニュース

次に読みたい関連記事「交通事故」のニュースをもっと見る

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年12月23日の社会記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。