創刊60周年、週刊女性古参記者が語る「田原俊彦と中山美穂の幻のデート取材」ほか

創刊60周年、週刊女性古参記者が語る「田原俊彦と中山美穂の幻のデート取材」ほか
創刊号の表紙は人気洋画家の東郷青児の女性像。この号では「独身女性は不道徳か」なる特集が組まれていた。

 1957年創刊の『週刊女性』は今年、創刊60周年を迎えた。昭和から平成へ、時代をまたいでニュースを報道し、幾多のスクープをあげてきたベテラン編集部員たちに話を聞いた。



「僕が入社してからの40年ほどで、取材方法は大きく変わりましたね」



 と語るのは社歴40年、編集部の最長老・Sカメラマン。松田聖子と郷ひろみの破局会見など、歴史に残る会見を数多く取材してきた。



「当時の取材は費用がかかっていました」



 と、週女歴35年・山口百恵さんの自宅張り込みなどを担当したYカメラマンもうなずく。まず記者やカメラマンたちの足となるのが、自社が契約する運転手つきハイヤーだ。



「1日の車代が3万、4万なんて当たり前。出社したら毎日、ハイヤーに乗りそのまま夜まで走りっぱなし。ハイヤー代が月に数千万円かかる取材もありました」(Yカメラマン)



 そんな派手な時代、海外取材も多かった。芸能人恒例の年末年始ハワイ旅行は、取材のために10日以上滞在していたとか。



「華やかに聞こえても、取材班はヘトヘト。朝3時起きで、5時の便を待ち伏せし、そのまま午前中は空港に張りつきっぱなし。午後からはショッピングセンターやレストランなど芸能人の出没スポットを巡る。夜になると、もうグッタリで……」(Yカメラマン)



 変化したのは費用だけでなく、芸能事務所との関係も。


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る 2017年1月12日の社会記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

社会ニュースアクセスランキング

社会ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

このカテゴリーについて

国内に起きた最新事件、社会問題などのニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら