「新皇后」雅子さま、美智子さまの“平成流”公務をどう受け継がれるのか

「新皇后」雅子さま、美智子さまの“平成流”公務をどう受け継がれるのか
拡大する(全2枚)
広島アジア大会の開会式で歓迎パフォーマンスをご覧になる両陛下と皇太子ご夫妻('94年10月)

 「有識者会議」の論点整理が公表され、議論の場は国会に移った。これから徐々に天皇皇后両陛下のご公務が皇太子や皇太子妃雅子さまに譲られていくことになる。



 雅子さまが「皇后」の地位に就かれた後、美智子さまが陛下と相談しながら築かれた“平成流”の公務はどう変化していくのだろうか─。



 長期療養が始まってから13年が過ぎた雅子さまは、ここ数年、回復傾向で苦手とされてきた「園遊会」などへの出席も増えているが、皇室ジャーナリストの山下晋司さんは、



「皇太子同妃両殿下が天皇・皇后におなりになった際は、両陛下でご公務をされたほうが当然、国民も喜ぶでしょう。以前に陛下も女性皇族は“その場の空気に優しさと温かさを与え、人々の善意や勇気に働きかける”とおっしゃっています。



 ただ、香淳皇后は昭和50年代にお身体の状態が悪化し、それ以降、昭和天皇はおひとりで公務に臨まれていました。



 そう考えますと、新皇后が病気で公務に出られなくてもしかたないですし、お出ましもできる範囲でやるしかないと思います」



 では、実際にお出ましについてどのような「継承」「分担」や「削減」「創出」がありそうなのか─。山下さんが問題を指摘する。



「皇太子殿下が天皇に即位されて今の陛下のお仕事をそのまますべて行うとしたら、ライフワークとしての環境問題や水問題に関する公務ができなくなる可能性があります。宮内庁は大幅な見直しを検討するべきだと思います。今の両陛下の仕事量は、皇太子妃殿下にとっては当然、ご負担になるでしょう」 


この記事の画像

「「新皇后」雅子さま、美智子さまの“平成流”公務をどう受け継がれるのか」の画像1 「「新皇后」雅子さま、美智子さまの“平成流”公務をどう受け継がれるのか」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク