自衛官の戦地「駆けつけ警護」に危機感、医療支援を率先して行う民間団体の存在

自衛官の戦地「駆けつけ警護」に危機感、医療支援を率先して行う民間団体の存在
拡大する(全3枚)

「これは平和運動とか自衛隊の南スーダン撤退を求めるものではありません。純然たる医療支援です。その点は誤解しないでいただきたい」



自衛官の戦地「駆けつけ警護」に危機感、医療支援を率先して行う...の画像はこちら >>
設立会見する高遠菜穂子氏(左)と蟻塚亮二医師=3日、都内で

 精神科医やカウンセラー、大学の研究者、戦争体験者ら32人でつくる『海外派遣自衛官と家族の健康を考える会』がこのほど発足し、3日に都内で設立記者会見を開いた。



 イラクで人道支援活動を続ける同会共同代表の高遠菜穂子氏(47)は会見で、冒頭の言葉を繰り返した。南スーダンではいま新たに「駆けつけ警護」の任務を与えられた陸上自衛隊のPKO第11次要員が活動にあたっている。



 国連関係者らが武装勢力に襲われた場合、安全保障関連法に基づいて現場に駆けつけ、武器を使って助けることができる。



「駆けつけ警護の任務が加わったことで、自衛隊員が銃撃戦などの厳しい状況に置かれることは現実味を帯びている。しかし、国内の議論は“撤退させるべきだ”“いや、国際貢献すべきだ”と両極端で噛み合わない状態が続き、私たちは何も準備できていない。あいだにある現実に対処したいと思っています」(高遠氏)



 第11次要員は青森市の陸自第9師団が中心。第12次要員は北海道帯広市の第5旅団が中心になる。



「11次要員で派遣した約350名中、女性自衛官は15名で施設・総務・補給にかかわる任務に就いています。12次要員の選考は決まっていません」(防衛省・統合幕僚監部)


この記事の画像

「自衛官の戦地「駆けつけ警護」に危機感、医療支援を率先して行う民間団体の存在」の画像1 「自衛官の戦地「駆けつけ警護」に危機感、医療支援を率先して行う民間団体の存在」の画像2 「自衛官の戦地「駆けつけ警護」に危機感、医療支援を率先して行う民間団体の存在」の画像3
編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク