89歳になる兼高かおるさん「わたくしの人生の旅は、まだまだ続きますのよ」

「真っ白なオーバーなんて、当時の東京には売っていませんよ。あかぬけていて物がよくて。わたくしたちがそんな物を着ているものだから、向こうも英語で話しかけてきた。チャイニーズでした」



 ほどなく彼から、流ちょうな日本語でしたためられた手紙が届くようになった。帝国ホテルのラウンジや、横浜の中華街でデートを重ねるが、



「絶対に家には近づかないの。送ってきても、家のある辻まで来るとピタッと立ち止まってわたくしが門に入るのを見守っている。なぜかといろいろ考えて、“スパイなんじゃないか”と……」



 彼から“一緒に(中国に)来てほしい”とプロポーズされ“、あの方と婚してもいいですか?”と母親に尋ねると、



「即座に“いけません!”」



 兼高さんのミステリアスな恋はそこで終わるが、この話には後日談がある。



 『世界の旅』の仕事で台湾を訪れたときのことである。



 兼高さんの台湾訪問が現地の新聞に取り上げられ、タラップを下りる姿が掲載された。



 すると記事の切り抜きとともに彼自身の写真を添えて、“これは兼高さんではありませんか?”という手紙が送られてきたというのだ。



「それを見ると、どうも好みのタイプじゃないの(笑)。彼からの封筒のアドレスは日本語でいう“気付”になっていて、台湾に行ったときに探したんですけれど、“この住所にこういう人はいません”。



 中国語の“気付”という言葉がわかっていたら、聞きようがありましたけれど。でも、これは神様の命令ですよ。“これはここでストップ!”というね(笑)」


あわせて読みたい

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年2月26日の芸能総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。