天皇陛下のご学友が「おことば」から感じ取った美智子さまへの想い

天皇陛下のご学友が「おことば」から感じ取った美智子さまへの想い
拡大する(全1枚)
タイへの訪問前に立ち寄ったベトナムの古都・フェでも歓迎をお受けに(3月4日)

 天皇陛下による「退位」のお気持ち発表から7か月。すでに「準備」と思われる動きが始まっているとみられるが、譲位に向けた陛下の「おことば」の“解釈”や“真意”についてはさまざまな意見が出されている。



 そんななか、「昨年のおことばは、美智子さまを心配して、公務の負担を軽減するためのお気持ちの表明だったのではないかと思います」と話すのは、天皇陛下とは学習院高等科時代に同級生だったコントラバス奏者の安保日出男さん(83)だ。



「陛下は美智子さまという個人をお好きになったので、美智子さまが旧皇族でも一般人でも関係なかったと思います。



 自分が好きになり結婚された美智子さまが、ほとんど陛下と公務を同じくして高齢になり大変な思いをされています」



 美智子さまをそう慮る安保さんが、半世紀以上前の陛下との思い出話を語る。



「陛下とは、クラスは別でしたが、漢文の授業と音楽部ではご一緒させていただきました。漢文は当時、諸橋轍次先生という漢字研究の大家が受け持っていましたが、陛下はお得意ではなかったようです。



 授業中の小テストで隣に座っていた私に、“みせてよ”と声をかけられ、お手伝いをしたことはいい思い出になっています」



 音楽部ではチェロを担当していた陛下が、注目される存在ゆえに「重圧」を感じ、練習に励まれていた印象も残っているという。



 安保さんは現在もジャズを中心に、コントラバスを演奏するが、音楽仲間が美智子さまからあるリクエストを受けて協力したことがあるという。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク