天皇陛下のご学友が「おことば」から感じ取った美智子さまへの想い



「実は、美智子さまはハワイアンミュージックがお好きなのですが、聴く機会がないとのことで、8年前に私たち音楽仲間でCDを自主製作して差し上げたことがあります。



 ハワイ語で『月光の歌』というタイトルの、この世に12枚しかない8曲入りのCDを美智子さまに贈ったところ、陛下とともにかなりお喜びだったそうです。



 昭和20年代の青春時代を思い出していただいたかもしれません。退位後にお時間ができたときには、生演奏をお聴かせする機会があればいいと思います」



「疲れた」「つらい」からではなく「全身全霊」で象徴としての務めを果たしていくことができなくなったから─。というのが陛下のおことばの趣旨だったと思われるが、長年の苦労や不自由さを知る旧友たちだからこそ、決して口には出さない陛下の“本音”を感じとっているのかもしれない。



編集部おすすめ

当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

社会ニュースランキング

社会ランキングをもっと見る
お買いものリンク