浅田真央、笑顔で隠した“本当の悲しみ”と母・匡子さんが生前に語った娘への想い

浅田真央、笑顔で隠した“本当の悲しみ”と母・匡子さんが生前に語った娘への想い
拡大する(全1枚)
引退会見での浅田真央

「もし、もう1度、人生があれば、スケートの道には行かないと思います」



 12日に行われた引退会見で、「もし生まれ変わるとしたら?」という記者からの質問に対し、浅田はきっぱりとこう答えた。つらいときでも常に人前では“真央スマイル”を欠かさなかった彼女だが、21年間にわたる競技生活のなかで決してリンクでは見せなかった悲しみや葛藤を知る人は少ない。



 '11年12月9日早朝、母親の匡子さんが浅田に看取られることなく肝硬変でこの世を去った。スケート場で見せる母子の親密さは、姉の舞も交え『3人4脚』と称されたほど。もっとも身近で彼女のスケートを支え応援してきた母を失ったのだ。



「20年ほど前から匡子さんは肝臓を患っていたのですが、'11年には移植手術を受けなくてはならないほど悪化していたのです。



 医師はHLA(ヒト白血球型抗原)の相性がいい舞ちゃんからの移植をすすめ、彼女も“ママが長生きできるなら”と了承したんです。



 でも、手術直前に“大事な娘の身体にメスはいれられない”と強く拒否し、危険度が上がることを承知で夫である敏治さんから肝臓を移植したんです」(浅田家に近しい人)



 だが、術後の経過は思わしくなく、その年の暮れに帰らぬ人となってしまう。グランプリ・ファイナルのためにカナダにいた浅田は母の急変を聞き急いで帰国するも、その最期には間に合わなかった。



「真央ちゃんは母親の死に目に会えなかったことが本当にショックだったみたいで。“スケートをせずに看病していれば”と悩んだそうです。でも、おばあちゃんが葬儀の日に言った“全日本選手権に出るんだろう”のひと言で吹っ切れ、2週間後の大会に出場するのです」(前出・浅田家に近しい人)


当時の記事を読む

週刊女性PRIMEの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

芸能ニュースランキング

芸能ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。

お買いものリンク