ジャニーズにとって2018年は「今後のために必要な1年」だった――不祥事・引退・休養がもたらした大きな“変化”

ジャニーズにとって2018年は「今後のために必要な1年」だった――不祥事・引退・休養がもたらした大きな“変化”

 2018年、TOKIO山口達也さんの不祥事・退所、関ジャニ∞・渋谷すばるさんの脱退・退所、NEWS小山慶一郎さんの芸能活動自粛など、ジャニーズ界隈ではいろいろなことがありました。どちらかというとマイナスなニュースが多かった気がしますが、そんな中で明るい話題といえば、King&Princeのデビューでしょうか。やっぱりデビューするグループって勢いがあって、見ていて楽しかったんですが、年末にさしかかろうという時期に発表されたのが、岩橋玄樹さんの休養でした。その直後、Sexy Zone松島聡さんの休養も発表されて、古くからのジャニーズファンとしては、ちょっと複雑な思いです。

 というのも、2人が発症したパニック障害は以前、KinKi Kids堂本剛さんがジャニーズ公式携帯サイト「Johnny’s web」内でひっそりと公表していましたが、休養は(表向き)していませんでしたよね。だから、仕事が休めるようになったことはすごくいいことだと思いますし、それについてジャニーズ事務所から公式発表されるようになったのも進歩だと思うけど、じゃあ、今まではなんだったんだ、というか。きっと他にも同じ病気を患っていた人がいるんじゃないかな、と思うのもまた事実で……。

 今までのジャニーズ事務所は、なんとなく“うやむや”にすることがマネジメントだったのかもしれませんが、時代の変化に合わせて、所属タレントを休養させるようになったり、今までまったく発表されなかったジャニーズJr.の退所が発表されるようになったり、タレント・ファンにとっていい方向にマネジメント体制が変わってきていると思います。それと、メンバーの不祥事や体調不良って、マネジメントさえしっかりしていれば、ある程度は防げる出来事だと思うんです。それに気がつけたという意味では、いいことばかりではない1年でも、今後のために必要な1年だったのかもしれません。


あわせて読みたい

気になるキーワード

Jトピの記事をもっと見る 2018年12月31日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「嵐」のニュース

次に読みたい関連記事「嵐」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュース

次に読みたい関連記事「SMAP」のニュースをもっと見る

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。