人身事故、信号トラブル、シカ衝突... まるで厄日?東武東上線が大変なことになっていた

2019年9月25日夜、東武東上線は一部区間で運転を見合わせ、ダイヤが大幅に乱れるなど大混乱となった。

帰宅ラッシュと重なったこともあり、なかなか自宅にたどり着けなかった人もいることだろう。ツイッターではその混乱ぶりを象徴するような、駅のホワイトボードが話題になっている。

人身事故、信号トラブル、シカ衝突... まるで厄日?東武東上線が大変なことになっていた

トラブルが相次いだ(画像は素徒論愚@Ilcampanile_Itoさん提供、北坂戸駅にて撮影)

人身事故、安全確認、信号トラブル...

ホワイドボードはツイッターユーザーの素徒論愚(@Ilcampanile_Ito)さんが北坂戸駅にて撮影、混乱の原因として4つの要因が確認できる。池袋~小川町駅間では運転を見合わせ、「運転再開時刻は未定」となっている。これだけでも不運と言えるが、実際はさらなるトラブルが起きていたようで、この区間以外でもダイヤは大幅に乱れた。

ツイッターでは、

「厄日ですな東武さん」
「フルコンボやんけ」
「ほんと呪われてますよね...」

といったコメントが寄せられ、東武鉄道への同情する声もあがっているほどだ。

この日いったい何が起きていたのか――。Jタウンネットは9月26日、東武鉄道の広報担当者を取材した。

「運転再開を見込んでおり...ません」

まず、この日起きていた事象は以下になる。

13:15頃 上板橋駅で人身事故
15:27頃 北池袋駅で踏切安全確認
17:51頃 ときわ台駅で安全確認
18:40頃 運転システム(信号)トラブル発生
20:35頃 東松山~森林公園駅間で自動車脱輪
22:20頃 東武竹沢~男衾駅間でシカと衝突

広報担当者によれば、運転システムトラブルは、自動信号が機能しなくなったため手動で稼働させていたとのこと。

そのため18:40~21:25頃まで池袋~小川町駅間では運転を見合わせていた。各所でトラブルが多発したこともあってか、運転が再開した後も最終列車までダイヤの乱れが続いたという。

あまりの事態に、成増駅ではこんな掲示も。

人身事故、信号トラブル、シカ衝突... まるで厄日?東武東上線が大変なことになっていた

潔い(画像はpori12345@pori123for5さん提供)

「運転再開を見込んでおりません」

「運転を再開いたしました」と「ます」を消して、新たな選択肢を作るという荒業。これくらいはっきり言ってくれた方が、逆にありがたいかもしれない。撮影者のpori12345(@pori123for5)さんは「帰宅時の混乱の中とても和んだ」と話している。

こういったトラブルが相次ぐことはそうそうないだろう。広報担当者によれば、中でも信号トラブルはこれまでにない事態だったとのこと。今回の件について、

「こういったトラブルが起きることは、そうないと思います。申し訳ございませんでした」

と話している。

あわせて読みたい

Jタウンネットの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年9月26日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。