大波乱!日本全国「餃子県」ランキング 1位「栃木」3位「静岡」、まさかの2位は...?

大波乱!日本全国「餃子県」ランキング 1位「栃木」3位「静岡」、まさかの2位は...?
拡大する(全7枚)

「餃子県」。そう聞いて思い浮かぶ都道府県は、一体どこだろうか。

宇都宮市(栃木)と浜松市(静岡)が世帯当たりの購入額を競って繰り広げる「餃子戦争」は毎年なにかと注目を集めている。

2018年の総務省家計調査(家計収支編、2人以上の世帯)では、浜松市が3501円で1位、宇都宮市が3241円で2位だったが、人々の感覚ではどちらに軍配が上がるのだろうか。

そこで、Jタウンネットは2019年9月4日~11月12日にかけて、「餃子県といえば、どこ?」というテーマでアンケート調査を実施した。

総得票数は1829票。全国の読者が下したのは、意外なジャッジだった。

二強に割って入るダークホース出現

大波乱!日本全国「餃子県」ランキング 1位「栃木」3位「静岡...の画像はこちら >>


他県の追随を許さず1位に輝いたのは、宇都宮市を有する栃木県(641票)だ。

宇都宮駅前の餃子像や、市の公式ウェブサイトに「餃子のまち」のページを作るなど、市のプロモーションの成果だろうか。2位以下に300票近くの票差を付けて逃げ切った。

注目すべきは、2位と3位である。

なんと、静岡県(352票)をおさえて高知県(353票)が2位を勝ち取ったのだ。票差は3票と僅差だが、それでも勝ちは勝ち。

前述の総務省調査では、高知県の世帯当たりの餃子年間支出金額は1737円と全国平均の2087円を下回る値だ。栃木と静岡の一騎打ちかと思われた戦いに、思わぬ伏兵が現れた。

6位以下の順位は以下の通り。餃子のイメージが全くない「0票県」が多かったことも特徴的。長野、岐阜、三重、滋賀、鳥取、島根、岡山、徳島、香川、愛媛の10地域だ。


この記事の画像

「大波乱!日本全国「餃子県」ランキング 1位「栃木」3位「静岡」、まさかの2位は...?」の画像1 「大波乱!日本全国「餃子県」ランキング 1位「栃木」3位「静岡」、まさかの2位は...?」の画像2 「大波乱!日本全国「餃子県」ランキング 1位「栃木」3位「静岡」、まさかの2位は...?」の画像3 「大波乱!日本全国「餃子県」ランキング 1位「栃木」3位「静岡」、まさかの2位は...?」の画像4
「大波乱!日本全国「餃子県」ランキング 1位「栃木」3位「静岡」、まさかの2位は...?」の画像5 「大波乱!日本全国「餃子県」ランキング 1位「栃木」3位「静岡」、まさかの2位は...?」の画像6 「大波乱!日本全国「餃子県」ランキング 1位「栃木」3位「静岡」、まさかの2位は...?」の画像7

当時の記事を読む

Jタウンネットの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

コラムニュースランキング

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年11月15日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。