こう見えて伝統工芸品! 高知の鍛冶職人が作る「くじらナイフ」がとってもキュート

細かい作業をする時に便利な小型のナイフ。包丁を小さくしたような刃に柄の付いたものが一般的だが、ツイッターでは「ある生物」をモチーフにしたナイフが注目を集めている。

それがこちらだ。

こう見えて伝統工芸品! 高知の鍛冶職人が作る「くじらナイフ」がとってもキュート

かわいい...(画像は土佐打刃物屋提供)

その名も「くじらナイフ」。モチーフとなっているのは文字通り「クジラ」だ。筋の入った頭側の部分が刃になり、尾ひれにかけて持ち手になっている。刃物であることを疑うくらいキュートなデザインだ。

ツイッターではこのくじらナイフに対し、

「すごく可愛いですね わたしも飼いたいです」
「クジラナイフ、以前貰ってお気に入りです」
「ああああああクジラナイフ売ってるところ見つけたので買います」

といった声が寄せられている。

かわいいデザインについ目が行ってしまうが、くじらナイフは高知の伝統工芸品・土佐打刃物。江戸時代から本格的に始まった製法で、鍛造から刃付け、仕上げまでを職人が一貫して行いるのが特徴だ。

くじらナイフは店頭・オンライン含め複数の店舗で取り扱っている。Jタウンネットは2019年12月5日、くじらナイフを販売するオンラインショップ「土佐打刃物屋」の担当者に詳しい話を聞いた。

子ども用に「先の尖ってないナイフ」を

土佐打刃物屋の担当者によると、くじらナイフを考案したのは鍛冶職人の山下哲さん。取引先を通じて「子供に鉛筆を削らせたいので、先の尖ってないナイフを作って欲しい」という相談を受け、1995年に先端が丸まったマッコウクジラのナイフを造ったのが始まりだ。


あわせて読みたい

Jタウンネットの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「こう見えて伝統工芸品! 高知の鍛冶職人が作る「くじらナイフ」がとってもキュート」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ガメラに登場した怪獣[ギロン]が脳裏に浮かびました。

    0
この記事にコメントする

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月8日のライフスタイル記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。